So-net無料ブログ作成

なるせゆうせいとは!?ギャグマンガ日和舞台化ってどういうこと? [話題]

なるせゆうせいさん演出・脚本でギャグマンガ日和が舞台化されるというニュースが流れましたね。

なるせゆうせいさんはギャグマンガ日和の舞台化に関して
”お楽しみに”
”スピード感で攻めます”
と話しています。


シュールな原作をどのように演出するのか
大変気になるところです。



◎なるせゆうせいとは?

なるせゆうせいさんは、ギャグマンガ日和の他にも
漫画「弱虫ペダル」の舞台脚本に2012年に関わっています。

また、株式会社オフィスインベーダーの代表取締役として
様々な映画脚本や舞台公演に関わっているようです。


経歴としては
1977年生
岐阜県出身
早稲田大学社会科学部在学中の1997年「劇団インペーダーじじい」を旗揚げ。
同年トムプロジェクト新人賞受賞

大学を中退

2009年株式会社オフィスインベーダーを設立

だそうです。


漫画の原作や小説も手がけ、精力的に活動しているようですね。



なるせゆうせいさんはブログで今年の2月に

”9月下旬、とあるすごい物語
10月、 とある舞台”

と投稿しています。

ギャグマンガ日和の上演が9月16日~21日なので
このことだったのでしょうか?

下旬か中旬かで少し誤差も感じますが
すごい物語という点は(意味が違うかもしれませんが)共通しています。

スポンサーリンク






◎そんな、なるせゆうせいさんですが炎上したことが…

なるせゆうせいさんは、CD作品ディアボリック ラヴァーズの舞台演出も手がけています。

その作品の公式Twitterアカウントが

”オススメの俳優さんを教えてください”

と投稿したところ

舞台を心待ちにしているファンにしてみれば
真面目に制作しているのか
と炎上しかけ

演出を担当していた、なるせゆうせいさんが説明するも

今度は、なるせさんの会社ホームページのスタッフ募集の記述がさらに問題となったようです。



◎気になる演出の腕は?

気になるのは脚本や演出の腕ですが、はっきりとした批評は見当たりません。

しかし、なるせさんが関わり公開した映画のレビューやその他の感想からは
割と好印象なようです。

受賞歴もありますし、少し期待できそうです。



◎ちなみにギャグマンガ日和とは

集英社発行の「ジャンプスクエア」で連載中のギャグマンガ
作者は増田こうすけ

この作品のシュールさとテンションについていけるのは漫画玄人な気がします…


スポンサーリンク






人気ブログランキングへ

ランダム記事一覧

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ランダム記事一覧

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。