So-net無料ブログ作成

一青窈の過去、生い立ちが切な悲しい。両親ともに… [アーティスト]

一青窈さんが金スマに出演していたそうですね。

一青窈さんといえば「ハナミズキ」が
ロングヒットしている歌手ですが

デビュー曲「もらい泣き」のインパクトは
絶大でしたね。

えぇいぃああ




そんな一青窈さん、台湾との関わりがあるとは知っていましたが
金スマで過去の生い立ち、両親のことを語ったようです。

◎一青窈さんの生い立ち


スポンサーリンク






一青窈さんは1976年9月20日生まれ。

一青は母親の姓だそうです。
珍しい名字ですね。

一青窈さんの母親は石川県出身。
石川県には鹿島郡中能登町一青
という地名があるそうで
それがルーツなのかもしれません。


一青窈さん自身は台湾生まれ。
父親が台湾の金鉱経営で財をなした
顔一族の長男・顔恵民さん。
台湾の5大財閥のひとつだそうです。

一青窈さんの父親は、10歳の頃から
勉強のため大学まで日本に滞在。


当時台湾は日本が統治しており、
台湾の上流階級の子どもは
多くが日本で学んだそうです。


日本が戦争になり台湾に戻るも
台湾で起きた抗争から逃れるため再び日本へ。

そこで出会ったのが
一青窈さんの母親だそうです。

一青窈さんの父親と母親の間には
一青窈と姉の妙さんの2人の子どもがいます。


一青窈さんが幼稚園卒業後、
母親と姉、一青窈さんの3人で日本へ。

その時一青窈さんの父親は
仕事の都合で台湾に残り
離ればなれのまま一青窈さんが小学2年生の時、
癌で亡くなりました。


身内が遠く離れて亡くなるのは
つらいものがありますね。


しかし、さらなる悲しみが
一青窈さんを襲います。

一青窈さんが高校生の時、
母親も癌で亡くしたそうです。


父親だけでなく、女手一つで
自分たちを支えてくれていた母親もなくすとは
一青窈さんの胸の内を想像すると、
途方もない喪失感だと思います。


母親の死後は母親の実家である石川県で暮らし、
慶応義塾大学に入学するとそこでの出会いから
歌手デビューへと繋がったそうです。


一青窈さんといえば
不倫・略奪スキャンダルがありましたが
現在は2歳年下のギタリスト
山口周平さんと結婚。
一青窈さんは妊娠中だそうです。

両親の死を乗り越え
幸せな家庭を築いて欲しいですね。




スポンサーリンク






人気ブログランキングへ

ランダム記事一覧

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ランダム記事一覧

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。